柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

放射線技師より


今回は、寒暖差アレルギーについてです。
10月は、最も過ごしやすい月といわれています。しかし、1日の中や日ごとの気温の差によって不調を訴える人が増えています。寒暖差アレルギーとは、寒暖差が激しいと、自律神経が誤作動を起こし自律神経が乱れて、鼻の粘膜などの毛細血管がコントロールできなくなります。主な症状は、鼻水・鼻づまり・咳・くしゃみ・蕁麻疹などです。また、ストレスを感じやすくなったりもします。風邪の症状と似ているため間違いやすいですが、寒暖差アレルギーの場合は熱も出にくく、鼻水も透明であることなどが挙げられます。
お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付