柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

放射線技師より

2024/7/6
今回は、劇症型溶連菌感染症についてです。A群溶血性連鎖球菌による急速に進行する感染症でニュースなどでは、人食いバクテリアとも言われています。腕や足の痛み、腫れ、発熱などが生じ、組織が壊死したり、呼吸状態の悪化、多臓器不全と全身状態が急速に重篤な様態となってしまいます。今年は、過去最多の報告数が確認されており、今後も増加することが予想されます。2024年の報告数が過去10年間で最多であり、感染者数の増加が懸念されています。
劇症型溶連菌感染症の予防は、怪我をしたら傷口を清潔に保ち速やかに適切な処置をする。感染者との接触を避ける。手指衛生の徹底。などが上げられます。 
お問合せはTEL: 042-555-1800
糖尿病治療を羽村市で行うなら柳田医院にご相談ください
24時間ネット受付