柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

放射線技師

2015/2/6
今回はメタボリック症候群についてです。
内臓肥満症候群呼ばれ、内臓脂肪は糖尿病・高血圧症・脂質異常症などの生活病を併発し、脳梗塞や心筋梗塞等の血管障害を引き起こす危険度が高くなります。
メタボリック症候群の定義は、へその高さでの腹囲が男性で85cm以上・女性で90cm以上で以下の3つのうち2つ以上認めるものです。
1.中性脂肪が150以上かHDLが40未満の両者あるいはいずれか。
2.血圧が上130以上、下85以上の両者あるいはいずれか。
3.空腹時血糖が110以上
内臓脂肪CTを行うことにより内臓脂肪を精密に測定することができます。

お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付