柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

ゴールデンウイーク診療日程

2019/3/18
2019年ゴールデンウイークの診療は下記の通り、4月29日の休日診療当番日のみ行います。他はカレンダー通り休診とさせていただきますのでご了承ください。4/27(土)は通常診療で、午後休診となります。
2

料理教室レポート

2019/4/12
管理栄養士と作る料理教室を行いました。「フルーツ活用術」をテーマに糖尿病の方も心配せずにフルーツを頂けるメニューを作りました。オレンジを使った鶏、キウイフルーツを使ったドレッシングソース、カプレーゼにはトマトではなくイチゴ、他にもプロのアイデアが詰まった美味しく、素敵な料理を作って食しました。会話も弾んで楽しい会となりました。皆様ありがとうございました。次の堰の会は5月30日の運動教室です、ご予約受付中。
DSC_0020
DSC_0027
DSC_0029

放射線技師より

2019/4/5

今回は、花粉症についてです。花粉症とはI型アレルギーに分類される疾患の一つです。植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、発作性反復性のくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な症候群です。花粉症の患者さんは年々増加しており、10年前と比べると1.5倍に増加しています。2月から4月中は、杉花粉の飛散が多い時期になります。
しかし、5月に入るとイネ科の花粉が飛散してきます。杉花粉による花粉症は25%居ると言われています、イネ科による花粉症の方は、15%居ると言われています。5月以降もくしゃみ・鼻水などの症状が出る方は、イネ科の花粉症も疑ってください。一年中、花粉は飛んでいます。 

放射線技師より

2019/3/8
今回は、春の感染症についてです。インフルエンザの流行が収まってきていますが、これからは、風疹・麻疹・おたふく風邪が、流行する季節になります。大人が感染すると重症になりやすいです。今回は、風疹について主に記載したいと思います。風疹は風疹ウイルスによるウイルス感染症です。子供の病気とされていましたが、近年は成人が罹患する割合が増え、妊婦が風疹にかかると胎児に感染して、「先天性風疹症候群」と呼ばれる先天異常をきたす恐れがあります。症状としては、小さな赤い発疹が、顔・体・手足など全身でき、発熱、のどのはれと痛みなどです。原因は、風疹は風疹ウイルスへの感染が原因で、飛沫感染であり風疹ウイルスをもった人のくしゃみや会話などの唾液しぶきなどから感染します。
一度感染すると免疫ができ、多くの人は生涯かかることはほぼありません。風疹にかかったことがあいまいな方は、血液検査によって確かめ予防接種を受けましょう。

お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付