柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

放射線技師より

2019/11/7

今回は、インフルエンザについてです。
今年は、現時点例年に比べ患者数が増加しています。沖縄では、9月からインフルエンザが流行しています。今年は、早いうちに予防接種などの対策が必要になります。
かぜとインフルエンザの違いについて、簡単に話します。
根本的に原因となるウイルスが異なります。
風邪は、主にアデノウイルス・ライノウイルス、インフルエンザは、インフルエンザウイルス(A・B・C型)になります。インフルエンザの患者は風邪の薬は効かないということになります。
症状としては、のどの痛みや鼻水等似た症状の為しっかり病院で検査してもらい、適切な対処することが大切です。

放射線技師より

2019/10/10

今回は、寒暖差アレルギーについてです。
10月は、最も過ごしやすい月といわれています。しかし、1日の中や日ごとの気温の差によって不調を訴える人が増えています。寒暖差アレルギーとは、寒暖差が激しいと、自律神経が誤作動を起こし自律神経が乱れて、鼻の粘膜などの毛細血管がコントロールできなくなります。主な症状は、鼻水・鼻づまり・咳・くしゃみ・蕁麻疹などです。また、ストレスを感じやすくなったりもします。風邪の症状と似ているため間違いやすいですが、寒暖差アレルギーの場合は熱も出にくく、鼻水も透明であることなどが挙げられます。

放射線技師より

2019/9/13

今回は食中毒についてです。食中毒は気温や湿度が高い夏のイメージですが、食中毒が最も多く発生しているのは9~10月にかけての秋となっています。
理由としては、ピクニック、運動会、キャンプなど野外での食事の機会が多くなり、気温や湿度が高い状態が続き、弁当の中の雑菌が繁殖し、食中毒を起こす原因になります。野外での調理の際加熱不足により食中毒になってしまうことも挙げられます。
また、9月は残暑の影響で夏バテを引きずり体力が低下していることや気温の低下により体が対応できず体調を崩すことが免疫力の低下につながり食中毒が増えると考えられます。

放射線技師より

2019/8/9
今回は、熱中症についてです。高温多湿な環境下で、体内の水分・塩分のバランスが崩れたれ体内の調整機能が失われた発症します。
症状としては、めまいや頭痛、吐き気などが挙げられ重度になると意識障害を引き起こしてしまいます。
熱中症になったときには,風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に避難してください。衣服をゆるめて氷や冷たい水でぬらしたタオルをわきの下、首、足のつけ根などに当て体の冷却に努めてください。水分補給・出来れば塩分も同時に補える経口補水液やスポーツ飲料などで水分・塩分の補給,症状が改善しない場合はすみやかに医療機関を受診してください。

放射線技師より

2019/7/11

今回は、RSウイルスについてです。
RSウイルスは、2歳までにほぼ全員が感染するほどありふれた風邪の病原体です。主に秋から冬に流行する風邪のウイルスの一種です。しかし昨年は、例年よりも早い流行となり7月に患者報告数が増加しました。今年は、昨年よりも早く流行する可能性があります。
症状としては、発熱、鼻水などの症状が数日続き多くは軽症で済みますが、咳がひどくなる、呼吸困難、細気管支炎、肺炎へと進展することがあり注意が必要です。特に気をつけなければならないのが、生後数週間から数か月の赤ちゃんで、1~3%が重症化すると言われています。飛沫感染や接触感染します。予防法は、インフルエンザ等の感染症と同様、手洗い、咳エチケットなどが有効です。
お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付