柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

放射線技師より

2020/1/10

今回は、感染性胃腸炎についてです。
細菌やウイルスによる感染により発症します。毎年冬場に流行し、ウイルスによる胃腸炎が主の感染症となります。有名なウイルスとしては、ノロウイルスやロタウイルスが挙げられます。症状は、吐き気、嘔吐、発熱、下痢などがあり、小児では痙攣を起こす事もあります。
潜伏期間は1から3日で、症状は5から7日が有症期間と言われています。
感染経路は主に経口感染であり、 食品媒介感染・接触感染・飛沫感染です。
感染予防に、外出帰宅時は、手洗いをしっかり行ってください。

放射線技師より

2019/12/14
今回は、腎不全についてです。簡単に言うと腎機能低下した状態で、正常な時と比較して腎臓の働きが30%以下になった時を腎不全と言います。大まかに数日から数週間で腎不全になる急性腎不全、数年以上かけてゆっくりと腎不全になる慢性腎不全の2種類に分けられます。急性腎不全は治療により改善する可能性がありますが、慢性腎不全の場合は治療による改善が難しいとされています。
急性腎不全は乏尿・無尿となり、慢性腎不全は、軽度の場合は、症状が出づらいですが、尿の量が増える・全身のむくみ・疲れやすい・息苦しいなどの症状が出てきます。
また、慢性腎不全の原因として最も多いのは糖尿病と高血圧。脂質異常症、高尿酸血症、肥満、塩分過剰摂取、喫煙もリスクファクターとして上げられます。
規則正しい生活・生活習慣の改善が大事になってきます。

放射線技師より

2019/11/7

今回は、インフルエンザについてです。
今年は、現時点例年に比べ患者数が増加しています。沖縄では、9月からインフルエンザが流行しています。今年は、早いうちに予防接種などの対策が必要になります。
かぜとインフルエンザの違いについて、簡単に話します。
根本的に原因となるウイルスが異なります。
風邪は、主にアデノウイルス・ライノウイルス、インフルエンザは、インフルエンザウイルス(A・B・C型)になります。インフルエンザの患者は風邪の薬は効かないということになります。
症状としては、のどの痛みや鼻水等似た症状の為しっかり病院で検査してもらい、適切な対処することが大切です。

放射線技師より

2019/10/10

今回は、寒暖差アレルギーについてです。
10月は、最も過ごしやすい月といわれています。しかし、1日の中や日ごとの気温の差によって不調を訴える人が増えています。寒暖差アレルギーとは、寒暖差が激しいと、自律神経が誤作動を起こし自律神経が乱れて、鼻の粘膜などの毛細血管がコントロールできなくなります。主な症状は、鼻水・鼻づまり・咳・くしゃみ・蕁麻疹などです。また、ストレスを感じやすくなったりもします。風邪の症状と似ているため間違いやすいですが、寒暖差アレルギーの場合は熱も出にくく、鼻水も透明であることなどが挙げられます。

放射線技師より

2019/9/13

今回は食中毒についてです。食中毒は気温や湿度が高い夏のイメージですが、食中毒が最も多く発生しているのは9~10月にかけての秋となっています。
理由としては、ピクニック、運動会、キャンプなど野外での食事の機会が多くなり、気温や湿度が高い状態が続き、弁当の中の雑菌が繁殖し、食中毒を起こす原因になります。野外での調理の際加熱不足により食中毒になってしまうことも挙げられます。
また、9月は残暑の影響で夏バテを引きずり体力が低下していることや気温の低下により体が対応できず体調を崩すことが免疫力の低下につながり食中毒が増えると考えられます。
お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付