柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

ブログ・院内新聞

健康のこと、日常のことなどを発信しています。

放射線技師より

2020/7/10
今回は、冷房症についてです。梅雨が終わると、猛暑日が続く季節になります。35度を超える猛暑にはクーラーが欠かせません。人間の体温調節の役割を担っているのが自律神経です。クーラーが効いた室内から猛暑の屋外といった5度以上の急激な気温変化に対処できないため、交感神経と副交感神経のバランスに異常をきたし、自律神経が正常に機能せず体調不良を起こします。症状としては、体や手足の冷え・食欲不振・頭痛・倦怠感など多岐にわたります。対策としては、クーラーの設定温度を28度程度にし、冷風を直接体に当てないようにカーディガンやひざ掛けを使用し体を冷やさないようにしましょう。
また、適度な運動や入浴もシャワーだけでなくぬるめの湯船に入るなどしましょう。 

放射線技師より

2020/6/12
今回は、6月梅雨の時期の体調についてです。梅雨時期は、体調不良に陥りやすいと言われています。まず、梅雨の時期は、晴れて暑い日や雨で肌寒い日など日ごとの寒暖差が大きくなりやすく、身体もストレスになり疲れがたまりやすくなります。
また、頭痛やめまいなどの症状が出る方も増えてきます。
自律神経が関わってきます。体を活発にする交感神経と体を休ませようとする副交感神経に分けられます。交感神経が優位の状態から梅雨の時期は副交感神経が優位な状態となり、体が慣れるまでに頭痛やめまいなどの症状が出やすくなります。

放射線技師より

2020/5/6
今回は、脱水症対策についてです。5月に入り気温が高くなってきています。
また、新型コロナウイルスの予防の為にマスクが手放せなくなっています。
マスクを着用することで熱が籠りやすく、喉の渇きを感じづらくなるなどにより
脱水症になってしまうかもしれません。
対策は、こまめな水分補給・喉が渇いてなくても水分補給をしてください。
注意点としましては、喉が渇いたからといって一度に大量の水分補給はだめです。
体内の塩分バランスが崩れてしまいます。また、利尿効果のある、烏龍茶やお茶などは要注意です。
経口補水液やスポーツドリンクなどを活用して下さい。
お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付