柳田医院|糖尿病内科、内科

柳田医院

放射線技師より

今回は、ヒートショックについてです。
ヒートショックとは、暖かい場所から寒い場所へ移動することで起こる、急激な温度変化により、血圧が大きく変化することにより、心筋梗塞・不整脈・脳梗塞・失神などが起きてしまう事を言います。場合によっては、命に関わります。
冬場の冷え込んだトイレ・浴室などは、暖房をつけている暖かい部屋と浴室やトイレの温度差は、10℃を超えるといわれています。
危険因子として65歳以上、狭心症・心筋梗塞・不整脈・高血圧などの循環器の持病がある。
脳梗塞・脳出血などの持病がある。生活習慣にも危険因子があります。
入浴に関しては、飲酒後に入浴する・深夜に入浴・熱いお風呂に入浴するなどです。
生活環境に関しては、浴室・脱衣所・トイレに暖房設備がなく冬場の気温が下がるなどが当てはまります。温度差を無くすために工夫し生活してください。 
お問合せはTEL: 042-555-1800
柳田医院
24時間ネット受付